慰霊の日に聴く唄は

Heiwa Ishiji

慰霊の日に聴く唄は

6月23日は沖縄戦の慰霊の日。沖縄だけの休日です。
沖縄での組織的戦闘が終了した日で平和への祈りを確認する日ですね。
沖縄の民謡にも戦争をテーマにしたというか戦争の悲哀を詠った唄は数多いですね。
みなさんは慰霊の日にどんな歌を聴きますか?

屋嘉節
なちかさや沖縄 戦場になやい 世間御万人の袖ゆ濡らち

戦争を経た庶民の悲哀の歌で物哀しい曲。戦後の屋嘉収容所で生まれカンカラ三線と共に歌われるようになったそうですね。ひやみかち節の山内盛彬先生作曲。節回しがゆったりしていて古典音楽みたい。金城実先生や知名定男先生&ネーネーズのCDをよく聴いてます。

艦砲ぬ喰ぇー残さー
若さる時ね戦争の世 若さる花ん咲ちゆさ
家ん元祖ん親兄弟 艦砲射撃の的になて着るむん喰えむんむるねえん
スーティーチャー喰で暮らちゃんや
※うんじゅん我んにん 汝ん我んにん艦砲の喰い残さ

旋律はとっても楽しいそうな曲だけど、あなたも私もは戦争(艦砲射撃)の喰い残し、苦しいことがたくさんあったねという歌。以前リクエストあったのにまだ歌えません。。いい機会なので頑張ります。

二見情話
二見美童やだんじゅ肝じゅらしゃ、海山ぬ眺み 他所(ゆす)にまさてぃよ

名護市二見地区が舞台の歌。美しい景色と男女の恋の情景をかき消した戦争の悲哀を唄います。終戦直後にできて、芝居に載せるために歌詞が追加され現在の形になったとも。年配の方のリクエストはNo1ですね。

ひやみかち節
我や虎でむぬ 羽付きてぇ給ぼり
波路パシフィック渡てぃなびら
ひや ひや ひや ひや ひや!ひやみかち起きてぃ!

「ひやみかち」とは「どっこいしょ!」と力を入れるときの掛け声。山内成彬作曲。焼け野原でがっかりしないで、ひやみかちと立ち上がり再び世界へ挑戦しよう!と戦後復興の象徴となった歌。「俺は虎!神様羽を付けて!太平洋(パシフィック)を越えてみせるよ!」の歌詞がかっこいい。山内成彬作曲の譜面は古典音楽湛水琉に伝わってます。CDでよく聞く速弾きとは一味違います。

◯PW無情
Prisoner of war(捕虜)の悲哀歌。徳原清文先生のCDでよく聴いてますがまだまだ歌えません。。屋嘉節と関係が深いみたいですが不勉強です。。がんばろー!

◯移民小唄/南洋小唄/南洋帰り
移民は戦前からありました。戦争?となるかもですが、世替わりを象徴するする歌としてよくリクエストがあります。

◯島唄、さとうきび畑、平和の琉歌etcポップス系の歌もいろいろありますね。

親と子のつながりを詠った「てぃんさぐぬ花」もぴったりですね。戦争テーマじゃないですけど。

さて、「艦砲ぬ喰ぃ残さー」の練習を。間に合わせます!

Leave a Reply

厚生労働省委託事業
地域若者サポートステーション沖縄
〒904-0004 沖縄県沖縄市中央2-28-1 コリンザ3階
TEL: 098-989-4224 E-mail: info@supportokinawa.info
月曜日〜金曜日、第2土曜日 10:00〜18:00
※土日・祝祭日・慰霊の日・年末年始を除く。