集中訓練プログラムの様子㉑

21 1

集中訓練プログラムの様子㉑

●心のトレーニング4

集中訓練36日目は、第4回目の心のトレーニング。対人交流を豊かにするために、相手を大事にすると同時に自分を大事にすることが大事であることを学びました。まず相手から話しかけやすい雰囲気づくりや相手の受け入れるよう心がけることと同時に、自分の考えや気持ちを伝えることを両方大事にする自己主張のしかたを練習するワークをしました。訓練生はそれぞれの考え方に基づいた対応の仕方を仲間と共有することで、自分には思いつかなかった方法を学ぶことができたようです。

●資格取得講座(ワード・エクセル)

集中訓練37日目は、翌日のパソコン検定に向け、一日中ワード・エクセルの練習をしました。時間をはかっての練習を何セットか繰り返し、試験本番のように集中して取り組みました。パソコン検定当日は、集中訓練とは別で行われているパソコン講座の受講生もいるなかで、緊張感のある雰囲気の中で、これまで計8回の資格取得講座で学んだことを発揮しました。皆さんよく頑張りました!

●金融セミナー

集中訓練36日目はファイナンシャルプランナー慶田城さんによる、金融セミナーでした。自分の人生を主体的に生きていくために、稼いだお金を自分の人生のためにどのように使っていくかということについて、とても分かりやすくお話していただきました。

毎月の生活費や、税金、一人暮らしを始める際の初期費用、今後のライフイベントとかかる費用について、実際にワークシートに記入することを通して、訓練生は今後の人生プランや収入と支出のバランスをとっていくことの大切さを感じさせられたようです。慶田城さんが世界各国のお金を実物で紹介していただいたことにも、訓練生は興味深々でした。お金についてなんとなくは理解できていても、自分の人生を見据えた上で、何にどれくらい必要かを考えるいい機会になりました。慶田城さん、ありがとうございました。

●心のトレーニング 5

訓練最終日の心のトレーニングは、落ち込みを予防し、発信力と対人交流力を育てることについて学習しました。自分の発信力を向上させるためには、普段から自分の心の状態がどのように動くかを知っておくことや、適応力をつける

自分の考えを共有するのはなかなか勇気がいることだと思いますが、この2か月間、仲間同士で一緒にいろいろと体験してきたことがあってか、これまでの心トレの中でも発言が多くみられたようです。

最後に、心のトレーニングを担当してくださったサポートステーション琉球の上地さんより、これまでの心トレで学んだ方法を使って、より幸せな人生が送れるようにとの温かいメッセージをいただきました。上地さん、毎回素敵な笑顔で訓練生をご指導いただき、ありがとうございました!

Leave a Reply

厚生労働省委託事業
地域若者サポートステーション沖縄
〒904-0004 沖縄県沖縄市中央2-28-1 コリンザ3階
TEL: 098-989-4224 E-mail: info@supportokinawa.info
月曜日〜金曜日、第2土曜日 10:00〜18:00
※土日・祝祭日・慰霊の日・年末年始を除く。