利用者の声2@ジョブスキル基礎訓練修了生

IMGP3529 E1395219144841

利用者の声2@ジョブスキル基礎訓練修了生

ニート状態からの脱出プログラム「ジョブスキル基礎訓練」(※ページ下参照)の修了生から感想をいただいたのでご紹介します。20代女性Fさんは前職での失敗経験から自信を無くし、退職後にサポステを利用しました。キャリアカウンセリングの後、インターンシップを通じ自信を取り戻すことを目標にジョブスキル基礎訓練の受講につながりました。

ジョブスキル訓練を終えて
IMGP3531前の職場でトラウマを抱え続けていたので、初めて行く場所に馴染めるのか、最後まで参加できるのか、訓練先でトラウマが増えてしまわないか不安でいっぱいで、訓練に参加することを決意出来ずに悩んでいました。
反面、年齢の焦り・このままでは前に進めない、このままではダメだとの気持ちも大きく、少しでもいいから自信を取り戻し自分の心の傷が癒せればと思い、参加を決意しました。
 
訓練先はIT業と子供英会話を運営しており、そこでは事務員さんの補佐の仕事を経験しました。
自分のやってみたかったラミネート作業や資料のスキャン作業、英会話に入会してくる子供達の名札作り、事務作業を経験しました。
事務所内では大型犬・小型犬や黒猫が自由に行き来していたり、ミミズクを飼っていたりと、わくわくするような環境でした。
仕事をこなしつつ、事務員さんとの会話や動物達との触れ合いでとても心が癒されていきました。
 
訓練終了後、自分の気持ちにゆとりが出てきた感じがします。初めての場所にも少しだけですが、緊張がしなくなりました。
現在は自分の目指すものに向かうために、ホンキの就職に参加しています。
ホンキの就職で内定獲得を!

ジョブスキル基礎訓練が修了して間もないですが、Fさんは次の一歩を踏み出すために(株)リクルートとサポステ沖縄の協働セミナー「ホンキの就職」に参加しています。これまでほぼ全ての受講生の就活スキルが向上し、内定獲得につながったプログラムです。希望する内定獲得までもう少し!もうひと踏ん張りをスタッフ一同全力でサポートします!(kuni)

※ニート状態からの脱出プログラム「ジョブスキル基礎訓練」。参加者はキャリア開発プログラム、農業実習、職場見学、安全衛生指導、規律訓練、小型車両系建設機械免許他各種資格の取得、インターンシップと多様なプログラムを一つ一つ消化し、少しずつ職業適応レベルと就活レベルを高めました。

Leave a Reply

厚生労働省委託事業
地域若者サポートステーション沖縄
〒904-0004 沖縄県沖縄市中央2-28-1 コリンザ3階
TEL: 098-989-4224 E-mail: info@supportokinawa.info
月曜日〜金曜日、第2土曜日 10:00〜18:00
※土日・祝祭日・慰霊の日・年末年始を除く。